FC2ブログ
K5 ART DESIGN OFFICEの代表甲高美徳による不定期・徒然日記。
一度乗れば分かるでしょう。
スポーツカーがダサイ感覚、なんとなくわかる。
現在リリースされているスポーツカー、イメージ強すぎるもの。
●本物なのは分かるけれど走りに振りすぎている(マニア受け)
●高価・上級志向(金持ちの車)
ある意味極まってますね。
あんまり売れないから、少数生産でも利益が出るように仕組まれている感じ。でもそれではスポーツカーの裾野は狭まるばかり。
だからCR-ZとFT86にはちょっと期待している。200万円前後(大衆車)でちゃんと走って止まって楽しめる「かっこよい」車がリリースされればダササは払拭されるはず。
スポーツカーって、その良さは乗ってみれば必ず分かる。
ほとんどの人は分かってくれると思う
乗ってくれ(乗せ)さえすれば!いいんですよ。メーカー・ディーラーのみなさま。
あのキビキビ感、人馬一体な感覚は車に乗れてよかった!という気持ちを思い出させてくれるはず。誰もがいいと思うはず。その後の志向は人それぞれなのでわからないが、オシャレとか通とか粋とか、選択肢があればある程ユーザーとしてはさらに選びやすくなると思う。

車は所詮移動のための道具。ぶっちゃけちゃんと走れば(あくまでちゃんと走ればね)軽自動車でも十分でしょ。その中で、そうでない車を選ばせるには、きちんとした理由が必要。今の世の中燃費・基本性能も大事だけど、文句なしにかっこよくて、購入できる価格内に収まっていれば検討の一台に入るはずだと思うのだがいかが。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック