K5 ART DESIGN OFFICEの代表甲高美徳による不定期・徒然日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5ドアハッチバックの誘惑
形状としての車の分類に
5ドアハッチバックセダンというものがある。
今、車名が浮かんだ方、かなりの車通ですね~(笑)

3ボックス、あるいは2.5ボックスで、外観上、リアが少し長めでボリュームがあるのが特徴です。
リアトランクの開口部が広く、ステーションワゴンの様な使い勝手が期待できる換わり、車のデザインをスポイルするという理由で、日本ではあまり売られていませんでした。(欧州では結構な需要があるそうですが)

でも。

現在は結構な数の日本車種もあるのです。
で、そのズングリムックリな見た目がまた目を引く。ついでに欧州車も。今日はそのいくつかをご紹介しましょう~。

■三菱ギャランフォルティス スポーツバック

MI_S093_F001_M001_2_L.jpg

フォルティスのクドイ顔を持ちながら伸びやかに伸びたサイドライン・ルーフ。リアも量感たっぷりのアンバランスな一台。けど。デザインはなかなか。好きになったら抜け出れない予感がします。案の定、レビューページなどではかなりの高得点で、オーナーが惚れ込む様子が垣間みれます。


■初代マツダ・アテンザスポーツ

MA_S007_F001_M001_1_L.jpg

私に5ドアハッチバックセダンを「意外とイケるね!」と思わせた1台。ちなみにオーソドックスなセダンもあるが、格段に量感のあるスポーツの方がカッコヨイ。使い勝手もよさそう。


■2代目マツダ・アテンザスポーツ

10251023_200801.jpg

MA_S007_F002_M001_2_L.jpg

さらに洗練された2代目スポーツ。伸びやかにりやハッチまで伸びるラインが何とも言えない艶感を出しているのにお気付きだろうか。これにはまるとシンプルなノッチバックセダンでは物足りなくなるはず(もちろんノッチバックもいいデザインの車はたくさんありますよ!)。


■BMW 5シリーズグランツーリスモ

04_l.jpg

欧州ではこの形が似合うのだろうなぁ。と思わせる1台。最近リリースされたので、メディアにもかなり出てたかな?三菱のスポーツバックとイメージがかぶりませんか?? そう思った人、そろそろ5ドアハッチバックセダンに魅せられ始めてますよ~(笑)。BMWといえば4ドアノッチバックセダンをイメ-ジすると思うので、敢えて選ぶ贅沢みたいな感覚も得られてよいかもです。高価ですが…。


■3代目トヨタ・プリウス

prius_rear.jpg

実は売れに売れまくっている新型プリウスも5ドアハッチバックセダン。リアハッチを開けるとがばっと大きく開口するあたり、らしさがあります。なんだ! と思った方、もう5ドアハッチバックセダンのトリコですな。ケツがすぱっと切られている様な形状でコーダトロンカ形とか言うみたいですが、私としてはどうもWISHあたりとかぶる。そう、ミニバンとの間の子の様な感じで、どうも5ドアハッチバックセダンと呼びたくなかったり、あったり…。


■2代目 ホンダ・インサイト

KENSTYLE-NEXTインサイト(P3)

そんな訳でこいつもそうですね。5ドアハッチバックセダン…。こいつもストリームあたりと…。



というわけで、いかがでしたでしょうか??
5ドアハッチバックセダン、普通じゃん、なんて思った方。もうどっぷりですね(笑)。そしてちょっと変わった形状の方がいいかもなんて思っているんじゃ…。コーダトロンカ形じゃない、マツダ・アテンザスポーツ、三菱ギャランフォルティススポーツバックあたりはどうでしょうか。

なんだか最近気になっているという話でした。

ではでは。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。