K5 ART DESIGN OFFICEの代表甲高美徳による不定期・徒然日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新譜
久々の新譜。
待望のcapsuleのニューアルバム「PLAYER」!



通常盤:YCCC-10017/¥2,625

中田ヤスタカサウンドの最右翼、だけど今回は少しマイルドかな?
少しハードなクラブサウンドからポップスに原点回帰している面もあるかなと思います。90年代風味も。とにかくPOPです。特にCan I have a wordはオススメ。一つ前のiidaのテーマや映画ライヤーゲームの主題歌も収録されてます。
2枚目。FreeTempoの「Life」。
ロックやポップスの歌い手とのコラボレーションで、今までにないアコースティックなサウンド。でも、ストリングスは安っぽいところがFreeTempoらしさかな。でもいいですよ。そのうちバンドでカヴァーしたいと思います。

41J3M1B3SoL.jpg

POCS-1031/\3,000


少し前に手に入れた1枚。harmonic hammockの「ハローとグッバイ」。
7人の大所帯バンドだけど、それを感じさせない素直なバンドレイション(レコーディングはさらにサポートが凄い人数!)。素敵です。いつかSOUNDPOSTにて水戸に呼びたい。

表1

ENGAWA RECORD ENGW-001/¥1,575

世の中には素敵な音楽がたくさんあるなぁ。でもその全てを聴くのはほぼ不可能だろうなぁ。
もちろん、好みもあるし。こないだタワレコで、いつもは聴かないコーナーにて視聴に勤しんでみたが、やっぱりダメでした。言い回しというか、音というか。
でも、そういう音楽の方が売れてたりする、何故かなぁ…。まぁ、売れる曲がいい曲とは限らないし、好きな曲が世間一般のいい曲とも限らない。嗜好の世界ですね。自分の耳を信じていくしかないですは。
いろいろ考えてたら、音楽の世界もデザインとかと同じで露出に左右されるんだろうなぁと結論。あと聴きやすさとかいうけれど、結局聞き手側のリテラシーの問題でもあるからにして、幼少期における音楽教育の方向性とかによって変わってくるし。何がいいのかどこに身を置くか、正解はないだろうけれど、チャートで某JEがトップを独占してる日本の音楽シーンは、本当に????だなぁ。ぁ。

では、仕事に戻るとします!
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます。
こんにちは、たまたま見つけてしまいました。ハモハモです。CDを手にとって下さって本当にありがとうございます。気に入っていただき凄く嬉しい限りです。 
ぜひぜひもし宜しければ水戸呼んでください。

2010/03/17(水) 12:30:45 | URL | kiyono (harmonic hammock) #-[ 編集]
やや!
コメントありがとうございます。 恐縮です!
最近事務所でかなりの頻度で流れています。丁度口ずさんでました(笑)
是非是非、水戸にお呼びしたいと思いますので、具体的に後程ご連絡しますね!!
ありがとうございます。
2010/03/21(日) 16:49:40 | URL | K5 #-[ 編集]
>K5様

返信レスありがとうございます。
おう、なんとイベントによんでいただけるのですか?
これはこれは嬉しい限りです。連絡お待ちしています。
本当にありがとうございます。

2010/03/24(水) 13:52:10 | URL | kiyono (harmonic hammock) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。