K5 ART DESIGN OFFICEの代表甲高美徳による不定期・徒然日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画備忘録
最近、仕事も含めてインプットされる情報が多いため、プライベートでの記憶が非常にあいまい(笑)危ない状態ですねぇ。
最近、映画、何観たっけ??!!とならない様に一応ここに記しておきます。
レビューは後程、追記にて。

●映画館
アバター
2012
ワイルドスピードMAX

●DVD・TV
アストロノーツファーマー
ナンバー23
スターシップトゥルーパーズ2
スターシップトゥルーパーズ3
スタートレック
TO PART1
TO PART2
モノノ怪1・2
転々
ピクニックの準備
TANK SWAT01
パコと魔法の絵本
●ナンバー23
やっと観れた。探してたんです。
ジムキャリーのコメディじゃない演技が良いなぁ。ストーリーもなかなか練り込まれててバランス良いです。
評判はあまり良くないけれど、観てみればなかなかよかったです。サイコスリラー。
☆☆☆

●アストロノーツファーマー
退役宇宙飛行士が家族でロケットを飛ばすストーリー。今まで国家レベルでロケットを飛ばす映画はかなりの数あったけれど、超個人的制作飛行は新しい(笑)。なんだかいろいろと物騒だし、本当にいいのか??ということは抜きにして、夢を語る映画になっています。美しいシーンも結構あります。が、ビリー・ボブ・ソーントンとヴァージニア・マドセンが演じる夫婦が、何故か夫婦に見えない…。ふわふわしてますよ。
☆☆

●スターシップトゥルーパーズ2
前評判よろしく、超B級。B級を通り越してC級に足がかかってます(笑)。1作目は、ストイック&バイオレンス。悪い意味でアメリカ的な描写が逆に新鮮でよかった。今作はあまり予算がなかったらしく…。しかし脚本は予算のないTVなみ。何故か密室だし、ホラーでパクリネタ満載です。そういった見方ができる人は連作としてチェックク下さい。


●スターシップトゥルーパーズ3
前作から一転、予算がかなりとられているなーという作品になってます。1作目と同様のテイストで見応えありました。場面展開も早く、見飽きない感じ。中盤からかなりストーリーにのめり込みますが、結局意味のない映画なのです(笑)。それがこのシリーズの良いところ。
☆☆☆

●スタートレック
言わずとしれたスタートレックを話題のJJエイブラムスが映像化。映画化11作目というから驚きです。若き日のカーク船長とスポックを中心としたストーリー。スタートレックをよく知らない人でもそこそこ楽しめます。
前から思っていましたが、宇宙ものなのに、あの軽装具合や異星人がかなり出てくるのに、あの敷居の低さ、抵抗感のなさ。そこがスターウォーズと真逆でそういう意味でかなり楽しめます。対するロミュラン人は重厚(ここら辺はひねりがないですが…)。タイムスリップネタを主軸にしているので、途中からはかなりストーリー展開がざっくりです。そこが残念。
☆☆+半分

●TO
星野之宣原作の「2001夜物語」をアップルシード、ベクシルの曽利さんが映像化。ボリューム的には、映画というよりは短編映像な感覚です。原作が非常に良いのでバランスは良いです。ただ、画面の作りも含め、展開が平坦なので映像に華を求めている人には少し退屈かも。ベクシルのときもそうでしたが、後半の華の作り方が、エンターテイメントとしてみるともう少し
なのかなと思います。でも、好きですね。借りるときは是非2本続けて観てください。
☆☆☆

●モノノ怪
TV放映からもう数年経ってしまいました。100円レンタル時に物色してたら見つけたのでついで借。画面構成や演出が今観ても秀逸です。アーティスティック。それでいてアニメーションの魅力も捨てきってない。非常にバランス良いです。
まだ全部観てないので、3・4もそのうち。
☆☆+半分

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。