K5 ART DESIGN OFFICEの代表甲高美徳による不定期・徒然日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々の更新!



久々の更新です。
twitterの方はかなりチェック&ツィートしているんですが、長文を書く気力がなくって(笑)。

SOUNDPOST6、水戸デザインフェス、あおぞらクラフトいちAutumn in 水戸 大好評のうちに終了しました。マピナビ22号冊子版も無事発行できたし、K5の上半期がやっと終了と言ったところです。
関わってくれた方々、本当にありがとうございました!

恐らくだけれども、こんな風ならばいいのに! とか もっと●○ならば…的な意見はたくさんあると思います。公共的なイベントなら当然なことなのかもなのだけれども。

分かる、そこから学ぶこともたくさんあるけれど、根本的に何かが違う…。


よく言われるのは、「デザインじゃないんじゃないの?」という意見。
何でも屋とかイベント屋とか、言われ方はいろいろだけれども。
一方面から見れば、本当に隙だらけの甘いデザインだし、そもそもデザインを感じさせれてないのかも。
削ぎ落とし方もまだまだだし。
でも、僕らがやろうとしていることはもっと根本的なこと。

僕らの目的目標はもっと個人的なこと。
「もっと自分たちが楽しめるステージを作る」
自分たちとは、もちろん不特定多数のここに住まう人だけれども、決してなんだか顔が見えない広いターゲットではありません。少しでも同じ感覚を共有できる人がコミットできるステージ。そのパイが大きくなれば、対外的な影響力も高まり中心部の魅力は自ずと高まるはず。
それを作り上げていくための手段としてのデザイン。

そしてそこに個人の生活、例えばK5のスタッフや関わる人たちにチャージバックがきちんとある様な環境を整備することが第一ターム。と同時にその価値を高めて一連の動きを「仕事」へと昇華させること。
それが恐らく間接的に「地域の活性化」につながるし、地域の魅力を外部に発信することに一役買うだろうと思います。もちろんK5らしさをそこに入れ込みながら。第二タームはそれを糧に本当に新しいステージを創造すること。グラフィックデザインに限らず、いろんなことを夢見てます。「夢」ですが本気です。


マピナビは発行部数の3割以上を市外県外に配布しています。結構なくなりも早い。今回の22号は本当にはやかったみたいです。単に配布していますといえば、そーなんだと思う人もいるかもですが、よく考えればこの地域自体をまぎれもなく外の地域に発信しているということです。発行部数は微々たるものだけれども、届けたい人に届いている感触がきちんとあります。そういう意味では公共レベルの配信より効果は深いと思うんだけれども(←これはなかなか理解されないポイントですが)。あとは、このつながりをどう活かして、価値を高めていくか。そういうことなんだろうと思います。


皆、きちんと仕事をして生活の余裕を担保して、の、地域文化だと思います。
僕らもそう。仕掛けるプロジェクトをきちんと「仕事」にしてはじめて地域文化のことを語れる。結果「赤」の今は、まだまだ文化を語る資格はないんだと思います。活動をしながら生活していくのは本当に大変なことですが、K5の根本にあるのはそこだし、そこを越えてこそのK5だと思うのです。いろいろやっているので余裕がありそう的な意見もチラホラですが、実際運営は大変です。まずは「仕事」への昇華。何と言われようと、僕たちは「仕事」としてプロジェクトを進めます。決してボランティアにするつもりはありません。


よく、一致団結して、とか、小さいイベントが群発しているからダメなんだとか言う意見がでます。
でも、よく考えれば自分の生活の余裕を担保してからの活動や、それぞれの目指す方向、意思などを鑑みてそれは当たり前のことなんじゃないかなと思ってます。むしろ、そういった小さな活動が、地域の深みを作っていくとも。
そこに必要なのは団結ではなく「共存」「共振」そして「配慮」。
それができて、有機的につながっている都市が本当に魅力的なんじゃないか。そしてその様はすごくデザイン的じゃないかなぁと思ったりします。

なんだかまとまらない長文になってしまいましたが、スタッフも関わる人にも共有して欲しいなぁと思って。
少しずつですが、関わる人の笑顔も増えてきている感触があります。自分も含めてみんなが楽しめるステージを!

まだまだ若輩者ですがよろしくお願いします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。