K5 ART DESIGN OFFICEの代表甲高美徳による不定期・徒然日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機能美
IMGP0101.jpg

bimota DB7。
エッジの効いた外装はこれ見よがしでなく、エンジンやエキゾーストパイプ、サス、タイヤなどと高次元でバランスがとれてる。それぞれのパーツも非常に美しい。そのすべてが無駄なく機能する。本当に必要なものだけを研ぎすませたデザイン。暫し釘付け。

見とれるとはこういうことだ。

お値段もそれ相応だけれど。(ちなみにDB7で4,180,000円~!)

bimotaカラーのグラフィック、特にタイポグラフィーは是非参考にしたい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。